TOPへ
MENU メンバーのログ
 
TOP
How To Diving
Let's go to Dive
Tour schedule
Member's Logbook
Blog
BBS
Shop's map and Staff
Link
Mobile
HOME >> MEMBER'S LOGBOOK >> 神津が雲見に
神津が雲見に

神津の予定が雲見に・・・。

9月1日、2年ぶりの雲見でのダイビング!

これがとっても最高―!だったのでほんの少しだけほんの少しだけこの感想を皆さんにお伝えしますね。

金曜夜発、ちゃっきり経由の雲見入り、ちゃっきりはやっぱりおいしかったなぁ。茶碗蒸し食べるのを忘れちゃったけど・・・それはともかく。

<天気もよさそうだし牛着1週!マラソンダイビング>しようなんて計画してました。ウィンドドロップらしくないと思いつつもなんかワクワク!いよいよボートに乗り込み出発。といっても1,2分。<さっ、マラソンダイビングだー。がんばらなくっちゃ>

そしたら、そしたら、えーーーっ。ここは沖縄?あたし、沖縄に来ちゃったのぉ?って錯覚してしまうくらいの透明度&お魚さんたちの数。
潜行してすぐ、飯塚さんに大きなオッケー!!(^^)!いつものOKとはちと意味が違っていたのは、飯塚さんも同じだったはず。で、あまりにも透明度がよくて(20Mオオバー)沖のほうに大きな根を発見!急きょ予定変更で、その根へ向かってまっしぐら。そこがなんとも、すごーい。わー。

きゃー!って感じでした。(こんな表現でわかっていただけます?)

根ノ上にはクマノミのFamilyがたっくさん。ハナダイもいっぱい。ソフトコーラルもきれい。イシダイ11匹、ツムブリ46匹?、見所いっぱい、お魚いっぱい。透明度のよさも手伝ってかまるで竜宮城のよう(行ったことないけど)言い過ぎ、そんなことはないはず。時間を忘れて、クマノミchan

達と戯れていました。たぁのし~。

後ろ髪を引かれる思いで牛着まで帰ってきて浮上のサイン。えー。もう?いやぁ、もうちょっとぉ、こんなにきれいなのにって思わずイヤ2サイン。

コンピューターは50分を表示。やっぱりあがらないとダメなのね。仕方なく浮上した私でした。このポイントは名づけて“SEIKO岩”です。後で聞いたら“軍艦”という名がありました。でも私の中では“SEIKO岩”できまり。みなさーん、ぜひぜひ“SEIKO岩”に一緒に潜りましょう。

か・な・り、楽しいですよ。

★SEIKO★

戻る



戻る ページのTOPへ